IoT女子 手のひらサイズのPC「ラズベリーパイ」②初めての接続

こんばんわ^^!IoT女子の

さきです!今日は、Raspberry Pi3(ラズベリーパイ3)の起動をやってみたのブログです。

もし、電子工作系やPCでプログラミング系を普段やらない場合は
ちょっと興味持っても、最初の一歩が(どんな事すればいいか想像つかないので)
挑戦する上での壁になったりする事も、あると思います!
そんな時何か参考になったら嬉しいです!

RaspberryPi3

まずは材料紹介です。

マイクロSDカード1枚
(Raspberry PiのmicroSDカードは、実は型が合う合わないの相性がメーカーさんによってあるそうなので
調べてから購入したほうがいいです。ちなみに私はELECOMさんの写真ので行いました。)
8GB以上が必要みたい!リンク:相性の良いSDを紹介サイトさん 「RPi SD cards」

マイクロSD(OS用)

 

Raspberry Pi3と電源
(ラズパイ本体と5V2Aの、ACアダプタ&マイクロUSB!秋月電子通商さんで購入しました。5V2Aってケータイ用と違うので
どこも中々売ってなくて、通販か、アキバだったらとりあえず「ツクモ ロボット王国」さんか「秋月電子通商」さんで以前は見かけました。)

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)と電源

Raspberry Piケース
ツクモロボット王国 秋葉原さんで購入!可愛いホワイト。他にもクリアーカラーとか色々なのが
市場には出回っているようです。パンダさんもつけました♪)

Raspberry Piケース

USBのマウス&キーボード
(マウスとキーボードのUSBが一個にまとまってて、便利です!Logicoolさんのです。サイズもわりとコンパクトでデザインもおしゃれ。
お値段もかなり良心的でした~!色々シリーズもあったし迷ったならオススメかも。)

USB マウス&キーボード (Logicool)

HDMIケーブル、LANケーブル
(私は、HDMIケーブルは100円ショップでいくらかで買いました。
LANは400円位のを電気屋さんで。実は最初、ラズパイにはWiFiあるのでLANなしで、初期設定しようとおもったら、
かなり通信重くなったのでLANも最終的に初期起動の際のみ使用しました。その後ネットサーフィン等は普通にWiFiでしてます。)
HDMIーHDMI:TVモニターとラズパイをつなぐためのもの。※もしTV側がDVIだったらHDMI-DVIを買ってください。
LANケーブル:ルーターとラズパイをつなぐ為のもの)

HDMIケーブル、LANケーブル

 

・モニター
(デスクトップや画面を写すモニター。普通のTVです!。おおきいTVの家の人は、ド迫力に楽しめる!?笑)

 

microSDカードにOSデータを保存する!

さて、材料揃ったところで!早速今すぐにでも何かやりたいんだけど
その前に、自分の普段使用してる方のPCを使って、ラズパイ用のOSをダウンロードし、
microSDカードに、入れておく必要がありました。

ラズパイ財団が提供しています、NOOBSをダウンロードして、
(LITEではない方。左の普通の方をクリック。)そのあとZIPを開いてSDカードにコピーしました!
ラズベリーパイ財団公式HP NOOBSダウンロード

 

早速、集まった材料をRaspberry Piに接続!!!!

   

準備が揃ったので接続、起動します。

ラズパイに接続してるのは、①マイクロSD(小さい部分カードのみ差し込む)
②マウス、キーボードのUSB、③TVモニターとパイをHDMIーHDMI(又はDVIーHDMI)
で接続 ④micro USB(電源ONの為。起動中ずっとコンセントに挿してます)⑤LANケーブルと無線ランのルーターを接続。特に最初必要
(なくても不可能ではないらしい)です!

電源を入れたら、いよいよラズパイ操作!

ラズパイの電源入れていよいよラズパイ操作開始です!最初にラズパイへSDカードに保存したOSをインストールするんですが、
TV画面に現れる選択欄の中より、
一番上のRaspbianを選択して、Install(i)をおしました!(普通PCみたいにキーボード&マウスで操作です。)

次にConformの確認が出てきてそれをYes(承諾)してダウンロード開始したです!(それなりに時間かかりました)

これが終わったら、普通のPCのデスクトップ的な画面が表示されました~~!(感動)

今日はこの辺で。

ちなみにシャットダウンは普通のほかのPCみたいに、左上MENUからシャットダウンを選択してやるとできました。
それで、ACアダプタの電源は、シャットダウンしたあと、数分たってから切ってます。いつシャットダウン完了したか分かりにくいので念のため。

このように、誰でも遊んで見られるシステムになっていると思うので、
機会があったらみなさんも遊んでみると 楽しかもです♪

それではみなさんおやすみなさい^^

IoT女子さき

 

 

IoT女子を応援してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です